相続全般について

相続全般についてのご相談は行政書士にお任せください。行政書士は「公官庁への提出書類」「権利義務に関する書類」、「事実証明に関する書類」の作成の専門家です。、相続で必要をなる書類の多くを行政書士は作成できます。また国家資格者である行政書士が作成することで書類の信頼性も大きく向上いたします。

「相続の流れ」から例をあげますと、

 

@遺言書の確認

・公証役場に公正証書遺言の有無の確認。

・遺言書の検認の際に必要な戸籍の取り寄せの代行。

 

A相続人の調査・確定

・相続人確定のための戸籍の取り寄せの代行。

・相続人確定後の相続関係説明図の作成。

 

B遺産の調査・確定

・相続財産の調査のための書類取り寄せの代行。

・財産目録の作成。

 

D 遺産分割協議

・遺産分割協議のサポート。

・遺産分割協議書の作成。

 

F 遺産の名義変更

・遺産の名義変更の代行。

 

その他、相続に付随するサポートを行う事が可能です。そのため、相続に関しては行政書士にご依頼いただければ一括してサポートさせていただきます。

 

 「行政書士ってどんな人?」一般的な行政書士の説明はこちら

  行政書士に依頼すべき相続とは

ただし、法律で定められた権限上、行政書士では行えない業務もございますので以下にご紹介いたします。

▲このページのトップに戻る