裁判所、法務局への手続き

相続には家庭裁判所への申立てや法務局への登記が必要になってきます。これらの手続きは司法書士の業務範囲になります。「相続の流れ」から見てみますと、以下のような手続きが司法書士の業務範囲となります。

@ 遺言書の確認

・自筆証書遺言が見つかった時の検認は家庭裁判所への申立てが必要。

 

C限定承認、相続の放棄の申し立て

・限定承認、相続の放棄は家庭裁判所への申立てが必要。

 

F 遺産の名義変更

・分割する財産に不動産があるととき名義変更のためには法務局への登記変更の申請が必要。

 

当事務所ではこれらの必要が発生しましたら信頼のおける司法書士をご紹介いたします。

 

⇒ 土地・建物を相続したら名義変更はどうすればよい?(司法書士紹介)

 

▲このページのトップに戻る