相続の不安

相続についての不安は二つに分かれる事でしょう。ひとつは「自身が将来死亡した時、残された者はどうなるのだろう」と言う自分が死亡した時の家族に対する心配と、もうひとつは「親族が亡くなったが、私を含めて相続を上手く乗り越えられるだろうか」という親族が亡くなった時の自分が対応しなければならない相続についての心配です。

これらの心配をすべて取り除くことは困難では無いかと思います。家族の事を思えばどんなに深く心配しても自分は亡くなっていますし、自分の相続は他の相続人との関係もあるためすべてが望み通りになる事は稀なのです。

しかし、相続に対する準備を行えば、このような不安も自ら軽減させる事ができます。この準備とは遺言書と相続の最低限の知識をつける事です

 

 

自身の死亡後の心配を乗り越える

自身のが死亡した後の事を真剣に考えると残された家族や関係者への心配が出てきます。その他にも自分の財産の活用、代々受け継いできたお店や会社の存続などの心配もある事でしょう。このような時は遺言書を残すことにより、自身の財産の活用などを自分の考えに沿った方法で残す事ができます。

 

・子供や妻の将来のため、それぞれに残したい財産を自ら決めておきたい。

・相続人ではないあの人にも財産を残してあげたい。

・父が残したこのお店を息子にも引き継いでもらいたい。

・社会貢献のために福祉施設へ財産を寄付したい。

・親族が多く相続の際にトラブルが起こってしまうのではないかと心配。

・私には子供がおらず、遺産の行方について心配。

など

 

遺言書で残す事ができる内容は多岐に渡っていますので、遺言書を活用する事で自身が死亡した後の不安を和らげる事ができる可能性が高いと思います。もしあなたに死亡後の不安があるようでしたら遺言書の作成をお勧めします。

 

◆遺言書について知りたい方はこちら

遺言書の活用の基本的な事はこちら

遺言書を作るための手順についてはこちら

 

◆遺言書の作成のお手伝いはこちら

遺言書作成サポート

 

 

 

親族の死亡による相続の心配を乗り越える(相続を受ける側の心配)

自身が当事者や関係者となる相続の不安は二つあると思います。ひとつは「親族間でトラブルとならないだろうか?」、もうひとつは「私は十分な遺産を手に入れられるだろうか?」です。両方の不安がる人もいるでしょうし、どちらかの不安をお持ちの方もいるでしょう。

 

「親族間でトラブルとならないだろうか?」

親族間のトラブルの原因は遺産に対する欲望であったり相続の知識が乏しいためであったりします。しかしこれらを責めてはトラブルの解決にはなりません。相続人の経済状況などから遺産がどうしても必要である場合もあるでしょう。そのため、親族間のトラブルを避けるためには法的な知識を踏まえたコミュニケーションが必要となります。普段仲の良い親族であっても相続となると緊張感が漂う事が多々あります。もし仲が良く無いと思われる親族であればよりコミュニケーションを大切にしてください。

 

◆遺産分割協議について知りたい方はこちら

遺産分割協議書とは

遺産分割協議書の大切さ 〜登記と協議書〜

 

◆相続人間のコミュニケーションのお手伝いはこちら

遺産分割協議書作成サポート

 

遺産分割と故人への気持ちの整理

 

「私は十分な遺産を手に入れられるだろうか?」

遺産の分割は法律に決められており、もし遺言が残されていればその遺言に従います。また、亡くなった方に借金がある場合、相続人はその返済もしなければなりません。しかし、法律を知らなければどれだけの遺産を要求する事ができるか判断ができませんし、もし多額の要求をしてしまえば相続人の間でトラブルとなりかねません。また、相続の手続きが遅れれば不要な借金の返済も負わなければならなくなるかもしれません。

そこで、遺産の要求を行うための基本的な知識を得る必要がありますので、以下にご紹介します。ただし、「より多く取ってやろう!」という強欲を支援するものでなく、相続人の全員が納得できるための法律の支援である事を念頭においていただければと思います。

 

<相続の基礎的な知識を知る>

・誰が相続できるのかを知る。

誰が相続人となるか

代襲相続とは

遺贈とは

 

・どの位相続できるのかを知る。何を相続できるのかを知る。

相続分はどのくらい

 

・相続分にプラスできる場合。相続分がマイナスされる場合。

寄与分とは

特別受益とは

 

・自分の相続分が他の相続人に侵害されてしまった場合。

相続回復請求権とは

遺留分減殺請求権とは

 

・借金がたくさんある時にそれを逃れたい場合。

限定承認・放棄とは

 

 ◆相続の手続きのお手伝いはこちら

相続手続きサポート

 

 

 

相続のご相談

相続にはいろいろど法律で定められた事項があります。それをすべて把握する事はなかなか難しい事です。そのような時は専門家の知識を活用する事もお勧めします。もし相続に関する不安があるようでしたらお気軽にご相談ください。不安の解消のために尽力いたします。

 

相続のご相談・お問合せはこちら

 

遺産分割協議にモヤモヤが残さない

 

 

その他、関連する記事がございますので、ご参考として頂ければと思います。

相続人を知りたい〜相続人の様々な事例〜
遺産分割に不満を残さない

相続手続きを専門家に依頼するメリット

身寄りの無い人の準備

遺言執行者を指定(選任)しよう!

 

 

▲このページのトップに戻る