自分自身のための準備

<自分自身のための準備>

「見守り契約」

「財産管理委任契約」

「任意後見契約」

「死後事務委任契約」

「尊厳死宣言」

 

将来に向けて必要な準備は相続や遺言書だけではありません。

生前においては判断能力が無くなってしまった時、財産の管理や日常における法律行為のサポートが必要となります。また、亡くなった後は遺産の分割のみでなく、お葬式や納骨、病院などの施設の部屋の明け渡しなど、各種の事務が発生します。認知症はすべての方に発症する可能性があるものですし、また、死後の事務に関しては身寄りのない方には切実な問題です。まだ元気な今だからこそ自分自身のための準備をされてはいかがでしょう。

こちらではお年寄りの方や身寄りの無い方など、認知症や死後の事務についての不安を解消するためのサポートをご紹介いたします。これらのサポートは積極的にご自身の希望を叶えるためにご利用頂く事が可能です。

高齢者、身寄りのない人の準備

▲このページのトップに戻る