会社設立・会社法務

当事務所では事業を起こされる方への法人設立を応援いたします。法人の設立のみならず、会社の法務に関する事などもサポートいたします。 

 

<このような疑問やお悩みがある方はお気軽にお問合せください。>

 

会社を設立したいが何から始めれば良いのか分らない

一口に会社と言ってもどのようなものがあるの?

会社を設立したあとは何をすれば良いの?

設立に必要な書類の作成や手続きはそうすれが良いの?

事業を始めたいが法人を作っても自分で運用して行けるだろうか…

 

お問い合わせ

 

 

会社をつくるメリットは?

事業を始める場合、個人事業として行うか会社を設立するかを決めなければいけません。個人でも事業は始める事はできるのですが、それでは会社を設立するメリットは何でしょう。以下に一部をご紹介します。

 

信用が高くなる

会社を設立すると個人事業では得られない信頼が得られます。これは取引先に対しても金融機関に対しても同様に信用が高くなります。

 

組織力がある

複数の人が集まって会社を設立すればその分資金も集まり易くなります。大きな資金によりより大きな事業を行う事が可能です。

 

税制面でのメリットがある

こちらは個人事業と比べて一概にメリットがあるとは言えませんが、一定の売り上げがある場合などは個人事業よりも会社えある方が有利になります。

 

 

 

会社にはどのようなものがある?

会社には以下の4つの種類のものがあります。

・株式会社

・合同会社

・合資会社

・合同会社

 

それぞれに特徴がありますが、「株式会社」と「合同会社」は社員はすべて有限責任社員です。これは会社の責任を個人で負う事は無いと言う事です。「合資会社」と「合名会社」は一部またはすべてが無限責任社員であり、無限責任社員は会社の責任を社員がすべて負う事となります。

 

会社と言えば株式会社が有名ですが、行いたい事業の規模等ではその他の会社を選択する事も視野に入れるとより選択肢が増えるでしょう。特に合同会社は株式会社と同じ有限責任社員のみですし、公証役場での定款の認証が不要なため、設立費用が抑えられます。

 

以上の様な会社以外にも事業内容によっては「NPO法人」なども視野に入れると良いでしょう。これらの法人の中からより適切な法人を設立し、事業を成功させましょう。

 

 

 

株式会社設立の流れ

会社はどのように設立するのでしょう?以下に株式会社の設立を例にあげてみます。

 

@定款の作成

定款とは会社のルールの最も基本的なものです。定款に定められた事は会社を運営する為に守っていかなければなりません。それではすごく簡単な定款であればルールが少なく自由な会社になるのでしょうか?確かに縛りは少なくなりますが、きちんとしてルールの無い会社は後から不具合が出てきますので、定款は会社の規模や将来の事をか考えて作成する必要があります。

なお、株式会社は定款を作成したら公証役場にて認証をしてもらう必要があります。

A株式の引受・払込

株式会社には株式がありますので、株主へその冠木氏を引き渡します。その際、資金を払い込んでもらう事になります。株主が払い込んだお金が会社運営の資金となります。

B役員の選任

会社を運営していく役員を決めます。

 

C役員による調査

役員が会社の設立の過程や資金の流れに違法な行為が無いかをチェックします。

D設立の登記

株式会社は法務局へ設立の登記を行う事で完了します。登記とは我々にも住民票や戸籍があるように、法人にもいつ設立されて資本金はいくらか、取締役は誰なのか、等が記録されたものです。

 

 

 

会社の設立と法務のご相談

当事務所では会社の設立や運営上の法務についてのご相談を承っております。またNPO法人などの設立等もサポート致しますので、お気軽にお問合せください。

 

 ご相談・お問合せはこちら

 

 

会社設立後の許認可

会社を設立したあとに一定の業務を行うにはその旨の許可が必要です。当事務所では建設業、宅建業、飲食業などの許可申請のサポートもいたします。

 

建設業を行う方は「建設業許可」

不動産屋を行う方は「宅建業許可」

飲食店を行う方は「飲食店営業許可」

深夜にお酒を提供する飲食店は「深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出」

これらに関わらず各種許認可についてご相談ください。

 

 

司法書士、税理士、土地家屋調査士のご紹介

あなたの業務に必要な士業をご紹介いたします。当事務所にて信頼のおける士業をご紹介いたしますので安心してご用命ください。

 

ご相談・お問合せはこちら

▲このページのトップに戻る