スマホ背景(森Ver1).jpg
練馬相続相談センター
練馬相続相談センター
[1]トップページ
[2]サポート内容のご案内
[3]相続でお悩みの方へ(相続の基本)
[4]当事務所の特徴
[5]当事務所の紹介
[6]料金表
[7]記事を探す(サイトマップ)
[8]お問合せ(メール)

メニュー:誰に相談すればよい?
[*]前へ 
税金に関する手続き

相続には税務署への税の申告が必要になってきます。これらの手続きは税理士の業務範囲になります。「相続の流れ」から見てみますと、以下のような手続きが税理士の業務範囲となります。

B遺産の調査・確定

 ・遺産の額が相続税の控除額のギリギリの額である場合は税理士に財産評価をしてもらう事が安心。

 

E故人の準確定申告

 ・確定申告が必要な場合。

 

G 相続税の納入

・最終的に相続税がかかる場合は税務署への申告が必要

 

当事務所ではこれらの必要が発生しましたら信頼のおける税理士をご紹介いたします。



紛争が発生した場合

もし相続の過程で紛争が起こっていまった場合は弁護士への相談が必要です。例えば遺産分割の対象となる不動産が第三者との間で所有権の紛争が発生しているなど、もし紛争が起こってしまっている場合は弁護士への相談が必要です。

 



一括サポートいたします!

以上のように相続はたくさんの工程があるため、場合によっては複数の士業が関わってきます。それではそれぞれに適した士業にお客様よりご依頼しなければならないのでしょうか?

もし行政書士に相続のご依頼をいただければ、他の士業への必要な場合のアドバイスや、実際に必要となった場合の紹介など一括してサポートいたします

行政書士の業務範囲は幅広く、相続に関してのすべてに関しお客様の調整役を行います。ご依頼いただいたからには相続人関して一括してサポートしてまいりますのでご安心ください!

 

 



[*]前へ 

****************************

練馬相続相談センター(豊島行政書士事務所)

代表行政書士 豊島史久

顔写真(1)加工80×97exifなし.jpg

 ▼お問合せはこちら
03-5912-1703


▲上へ
練馬相続相談センタートップページ