スマホ背景(森Ver1).jpg
練馬相続相談センター
練馬相続相談センター
[1]トップページ
[2]サポート内容のご案内
[3]相続でお悩みの方へ(相続の基本)
[4]当事務所の特徴
[5]当事務所の紹介
[6]料金表
[7]記事を探す(サイトマップ)
[8]お問合せ(メール)

メニュー:相続・遺言 もっと詳...
[#]次へ
相続・遺言 もっと詳しく

本ページでは相続・遺言についてのそれぞれの事項について詳細な説明をさせていただきます。大まかな流れは「相続の流れ」「遺言のご相談」のページをご覧ください。

→「相続の流れ」はこちら

→「遺言のご相談」はこちら



相続人〜誰が相続人となるのか〜

相続人となれる人は「配偶者」「子供」「親」「兄弟」です。それ以外の人は相続人とはなれません。(それ以外の方が遺産を受け継ぐ場合は「遺贈」「死因贈与」をご参照ください。) また、上記の人が常に相続人となれるわけではありません。相続人の順位は、、、

 

◆常に相続人:配偶者


◆1位:子供(直系卑属)


◆2位:親(直系尊属)


◆3位:兄弟姉妹   です。

 

1位〜3位は一番順位が高い人が相続人となります。亡くなった方に子供(1位)がいれば親(2位)と兄弟姉妹(3位)は順位が下なので相続人にはなれません。また、子供がおらず、親も亡くなっていれば兄弟が一番順位が高いことになるため、兄弟が相続人となります。


上記のように1位〜3位の他に配偶者は常に相続人となります。そのため、配偶者がいれば配偶者と子供が、または親が、または兄弟が、と相続人が決まります。なお、同順位の相続人が複数いればその方々は全てが相続人となります。子供が複数いた場合はすべての子供が相続人となります。親や兄弟の場合も同じです。

 

相続人を知りたい〜相続人の様々な事例 

相続人の確定のサポート

戸籍の収集(相続人の確定) 

 



相続分〜誰がどの位相続できるのか〜

相続分とはそれぞれの相続人が相続できる割合です。法律で決められた「法定相続分」と、遺言で決まる「指定相続分」があります。

 

法定相続分

法定相続分は法律によりあらかじめ決められ相続分です。遺言書が無く、亡くなった方の意思が残されていない場合はこの法定相続分に従い遺産が分割されます。相続人同士の話し合い(遺産分割協議)で法定相続分とは異なる相続を行う事もできます。

 

相続分の計算方法

相続人に配偶者がいない場合:一番順位が高い相続人がすべて相続します。

相続人に配偶者がいる場合:配偶者の相続分を取り分けて、残りの分を一番順位が高い相続人が相続します。

 

相続分は 
配偶者と子供の場合は「配偶者:1/2」「子供:1/2」
配偶者と親の場合は 「配偶者:2/3」「親:1/3」
配偶者と兄弟の場合は「配偶者:3/4」「兄弟:1/4」 

以上のように法律上では配偶者は順位も相続分も優遇されています。

 

誰がA 誰がB 相続分A 相続分B
配偶者のみ - すべて -
子供のみ - すべて -
両親(直系尊属)のみ - すべて -
兄弟、姉妹のみ - すべて -
配偶者と 子供 1/2(配偶者) 1/2(子供)
配偶者と 両親(直系尊属) 2/3(配偶者) 1/3(両親(直系尊属))
配偶者と 兄弟、姉妹 3/4(配偶者) 1/4(兄弟、姉妹)

 

相続人が複数いた場合

今までの説明では「子供」「親」「兄弟」としてきましたが、それぞれが相続の時点で複数存在している事は珍しくないでしょう。その時は、それぞれの相続分をさらにその人数で等しく分割します。

 

<例>

相続人が「配偶者と子供3人」の場合、
まず、「配偶者:1/2」「子供:1/2」と原則通りに分割します。ここで子供は3人ですが、まずは原則通り。
そして、「子供:1/2」を三兄弟で分割します。
つまり、結果的には
「配偶者:1/2」「子供@:1/6」「子供A:1/6」「子供B:1/6」
となります。

 

注意点

子供の場合「非嫡出子」、兄弟の場合は「親の一方が違う兄弟」はそうでない者の1/2になることに注意が必要です。


例えば先の例(1)の場合の子供3人のうち子供B1人が非嫡出子であった場合、「配偶者:1/2」「子供@:2/10」「子供A:2/10」「子供B:1/10」となります。嫡出子である子供@や子供Aに比べ非嫡出子の子供Bは半分の相続分となっています。これは兄弟が相続人の場合の両親が同じ兄弟と片親のみが同じ兄弟の場合でも同様の計算とあります。

 

※注意※

平成25年12月5日の民法改正により嫡出子と非嫡出子の相続分の違いは無くなり、どちらも子として同じ相続分となりました。

詳しくはこちら「婚外子(非嫡出子)の相続分の改正」

 

 

指定相続分

生前に亡くなった方が遺言を残していた場合、法定相続分に優先して遺言の相続分が有効となります。この場合、遺言者は自由に相続分を決めて良いのですが、「遺留分」に注意する必要があります。また相続人以外の人に財産を残す場合は遺言にて相続分の指定をする必要があります(遺贈と言います)

 

→相続分についてのサポートはこちら 

→遺言書の活用方法はこちら



[#]次へ

****************************

練馬相続相談センター(豊島行政書士事務所)

代表行政書士 豊島史久

顔写真(1)加工80×97exifなし.jpg

 ▼お問合せはこちら
03-5912-1703


▲上へ
練馬相続相談センタートップページ