スマホ背景(森Ver1).jpg
練馬相続相談センター
練馬相続相談センター
[1]トップページ
[2]サポート内容のご案内
[3]相続でお悩みの方へ(相続の基本)
[4]当事務所の特徴
[5]当事務所の紹介
[6]料金表
[7]記事を探す(サイトマップ)
[8]お問合せ(メール)

メニュー:許認可・その他
[*]前へ  [#]次へ
【告訴と告発】相談と警察等への手続き

傷害や窃盗などの犯罪行為を受けたとき、また目撃したときなど、捜査や処罰をして欲しい、もしくは必要だと思うこともあるでしょう。


しかし、ただ待っているだけでは警察などの捜査機関は動いてくれません。警察等の捜査機関は全ての犯罪行為を把握しているわけではありませんし、また仮に把握していたとしても、すべての犯罪に対処できるわけではありません。


そのような時、警察などの捜査機関に対して告訴や告発を行い、積極的な捜査の端緒とすることができます。犯罪とされていものの中には告訴・告発をしなければ犯罪として成立しないものもありますので、民間人における犯罪への対処として告訴・告発は重要な意味を持っています。当事務所は告訴・告発について相談、書類作成、捜査機関との調整などのサポートをいたします。 


【告訴と告発】相談と警察等への手続きの詳細はこちら



公正証書の作成

公正証書とは「金銭や土地の貸し借りに関する契約」「公正証書遺言」「任意後見契約」「協議離婚の慰謝料、養育費の支払い」「死因贈与契約」など、文書を作成する際に公証人と言う公務員がお墨付きを与えることにより、いろいろな効果が発生する文書です。

この公正証書を上手く利用する事により、債務不履行による金銭の未払いや遺言のトラブルなどを防止できるなど、より厚い危機管理を行う事ができます。あまり馴染みのない公正証書ですが、事前に作成しておくことにより、いざという時に安心をもたらす事になるかもしれません。

 

→公正証書の作成はこちら

 



離婚協議書の作成

離婚を行う事は人生の中でもとてもストレスがかかる作業です。しかし、このような離婚を一時の感情だけで済ませてしまうのは夫婦の双方にとっても、そして何より子供にとっても不幸な事です。当事務所では離婚の際に夫婦の間で離婚協議書を作成する事をお勧めします。離婚協議書は離婚に至るまでの過程で深く協議を行い、離婚後の双方の義務について文章にて取り決めを行います。協議書の作成によりお互いの生活や子供の将来まで、離婚後もしっかりと責任を約束する事ができるのです。

 

離婚協議書の作成のすすめはこちら

 



[*]前へ  [#]次へ

****************************

練馬相続相談センター(豊島行政書士事務所)

代表行政書士 豊島史久

顔写真(1)加工80×97exifなし.jpg

 ▼お問合せはこちら
03-5912-1703


▲上へ
練馬相続相談センタートップページ