スマホ背景(森Ver1).jpg
練馬相続相談センター
練馬相続相談センター
[1]トップページ
[2]サポート内容のご案内
[3]相続でお悩みの方へ(相続の基本)
[4]当事務所の特徴
[5]当事務所の紹介
[6]料金表
[7]記事を探す(サイトマップ)
[8]お問合せ(メール)

メニュー:トラブルサポート
トラブルサポート(遺産分割協議、遺留分など)

<トラブルサポート>

相続は誰しもが何度も経験するものではありません。そのため、相続に関するトラブルが発生してしまう事は少なくありません。当事務所では相続に関してトラブルになりそう、既にトラブルになってしまった、と言う方々をサポートいたします。

 

<サポート内容> 

ご相談等によるサポート

 

◆遺産分割協議に関するサポート

相続のトラブルは以下のような理由により発生します。

・相続人や関係者の間での利害の不一致

・相続人や関係者の間でのコミュニケーションの不足

・相続人や関係者の相続に関する法的なルールの知識の不足や勘違い

・被相続人が亡くなられた事による気の動転や今後の不安からの視野の狭窄

など

 

これらの理由によるトラブルに対して正しい法的な知識の提供や遺産の分割の案の提案をさせていただく事で解決に向かうようサポートさせていただきます。サポート内容はまずは状況をご相談いただき、より依頼者に合った解決方法を見つけていきます。



◆遺言書の作成に関するサポート

偏った遺言書の作成はトラブルの元です。しかし、遺言書でそうせざるを得ない場合もあるものです。当事務所では遺言書を作成する際に可能な限りトラブルを回避するようなアドバイスをさせていただきます。また、遺言書を残さない場合でも生前贈与がある場合は遺留分減殺請求権の行使が可能となりますので、その点の法律関係などもアドバイスさせていただきます。

 

 

法的手段の行使によるサポート

 

◆遺留分減殺請求権に関するサポート

いまから遺言書を作成したいのだが、遺留分はどう配慮すればよいのか?

・遺言書があるのだが、すべての遺産を一人の相続人に相続させる内容となっている…

・長男がすべてを相続することで協議がまとまりそうな雰囲気…  しかし、私は相続する権利はないの?

など

・長男は父の生前に多額の財産を貰っている。そのため父が亡くなった時には相続財産はほとんど無かった。しかしこれは不公平ではないか?

・遺留分権を行使するとの理由で他の相続人から遺留分減殺請求を受けた。請求された財産は手放さなければならないのか?そのまま受け入れるには不満がある。

 

 

<遺留分減殺請求をするとき

遺言書によって遺留分を侵害された場合、生前贈与にて遺留分以下の財産しか取得できていないおそれがあるとき、当事務所では遺留分減殺請求の行使のお手伝いをさせて頂きます。

 

 

<遺留分減殺請求をされたとき

遺留分の問題は自身が遺留分を侵害された場合のみならず、他の相続人の遺留分を侵害してしまった時にも発生します。他の相続人から遺留分減殺請求権を行使され、財産の引渡しを請求されたときはどのように対応すれば良いのでしょう。当事務所では遺留分の算定から引渡しまでアドバイスいたします。

 

留分減殺請求 請求したい・請求されたときの対策

 

行政書士に依頼すべき相続とは

 

相続手続きを専門家に依頼するメリット

 

【全国対応】遺言書、遺産分割、遺留分等のサポート

 



料金

トラブルサポートはお客さまの状況により必要な対応が異なりますので、まずはご相談いただき、見積もりをさせていただきます。

以下に関係するサポートの料金を記載いたしますので、参考としてください。

 

参考料金

内容 料金
相談のみ

・初回:無料  

・同案件での2回目以降:3240円/30分

遺産分割協議書作成サポートに準ずる場合 32400円〜 ※
内容証明郵便のみでの対応 16200円〜(1通)

 

※お客様の状況により異なってきますので、ご相談の上でお見積りいたします。



****************************

練馬相続相談センター(豊島行政書士事務所)

代表行政書士 豊島史久

顔写真(1)加工80×97exifなし.jpg

 ▼お問合せはこちら
03-5912-1703


▲上へ
練馬相続相談センタートップページ