スマホ背景(森Ver1).jpg
練馬相続相談センター
練馬相続相談センター
[1]トップページ
[2]サポート内容のご案内
[3]相続でお悩みの方へ(相続の基本)
[4]当事務所の特徴
[5]当事務所の紹介
[6]料金表
[7]記事を探す(サイトマップ)
[8]お問合せ(メール)

メニュー:深夜の酒類提供
深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出

深夜0時を回ってもお酒を提供できるお店を開きたい。そうお考えの方は注意が必要です。なぜならば営業を始める前に「深夜における酒類提供飲食店営業営業開始」の届出を管轄の警察署に提出しなければならないためです。この届出をしないで深夜にお酒を提供すると場合によっては罰則の対象となってしまいます。

 

 

深夜にお酒を提供するには届出が必要?

通常の飲食店は保健所より営業許可が下りれば営業を行う事ができます。それはお酒を扱う場合も同じです。しかし、お酒を提供するお店の中でも「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」いわゆる風営法という法律に規定されているお店に該当する場合、事前に警察署へ申請や届出が必要となってきます。

これは善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、という理由があり、該当するお店をする場合は風営法を守らなければなりません。

 

 

 

深夜における酒類提供飲食店とは?

それでは深夜における酒類提供飲食店(以下、深夜酒類営業)とはどのようなお店でしょう。以下にその内容をご案内します。

 

このようなお店は深夜酒類営業に該当します

@深夜0時から日の出までの時間にお酒を提供するお店 

 

A主にお酒を提供するお店

 

以上の2点のどちらにも該当する場合は「深酒営業」に関する届出が必要です。

 

なお、Aにつきましては主食となる食べ物を提供してはいけない、と言う事ではありません。ご飯や麺類を提供する事も可能です。しかし提供するお酒と主食の程度などが問題になります。

主食とお酒の程度について、例えば開業したい店舗がラーメン屋で、ついでにお酒も出したいと言う場合は届出は不要です。ラーメン屋なので「主に主食を提供するお店」です。しかし、バーやスナックなどのお客さんは主にお酒を飲み、小腹が空いたらたまに主食を食べるようなお店では届出が必要です。これは「主にお酒を提供するお店」と言えるからです。

 

 

「深夜酒類営業」ではできない事

届出をすれば通常の飲食に加え、深夜にお酒を提供できるようになりますが、禁止事項もございます。それは以下の様な事です。

 

・お客さんの「接待」をする事

・お客さんに「ダンス」をさせる事

・深夜0時以降に遊興をさせる事  など

 

まずは、「接待」ですが、飲食物をお客さんに提供するだけならば接客です。注文を聞きお客さんの席までお酒を運ぶ、空の食器を下げる、などは接客なので大丈夫です。しかし、特定のお客さんの隣に座り談笑したりお酒を提供したりすることは「接待」にあたります。カラオケでも特定少数のお客さんに対し歌唱を勧めたり一緒に歌ったりすることは接待にあたります。

また「ダンス」については店員が特定少数のお客さんにダンスやショーを見せる事は接待にあたりますし、お客さん同士のダンスも規制の対象となります。

そして「遊興」ですが、遊興とはカラオケ、ダーツ、ゴルフなどの事です。これらは深夜酒類営業の届出を行っていても深夜0時までしか行う事ができません。

 

接待やダンスなどの判断は時には難しい場合がありますので、迷った場合は専門家への問合せをお勧めします。

 

 

 

届出の方法

届出には所轄警察署の生活安全課への書類の提出が必要です。警視庁のホームページからダウンロードできる書面もありますが、それ以外の書類は自身で作成しなければなりませんので、難易度の高い届出と言えるでしょう。

 

必要書類

届出書(ダウンロード可能)

営業の方法(ダウンロード可能)

営業所平面図

営業所求積図

照明、音響等の設備図

住民票

在留カード(外国人登録証) ※外国人の場合

定款 ※法人の場合

飲食店営業許可書の写し

 

以上が基本的な書類となりますが、管轄の警察署の違いにより省略できる書類もある場合があります。

また、他にも管轄の警察署より提出を求められる可能性のある書類が以下のものです。

 

営業所周辺の略図

建物入居状況説明図

入居階平面図

家屋使用承諾書

誓約書

 

こちらは基本的には深夜酒類営業の届出には不要ですが、管轄の警察署によっては提出が求められる可能性がありますので注意が必要です。

 

 

営業所平面図や営業所求積図など

上記の提出書類の中で一番大変なのは営業所の平面図や求積図です。これは店舗を上から見た場合の図面の事ですが、店舗のどこに何がどのように配置されているかをすべて記載しなければなりません。テーブルはここに何卓、イスは個々の何脚、ソファは、棚は冷蔵庫は、シンクは…などすべてを記載した図面を作成する事は大変です。

更に大変なのが球積図です。店舗全体の面積や客室、調理場の面積を出さなければなりません。これらは元々ある図面(建築時のものや登記されたもの)からでは分りませんので、店舗内の寸法を改めて計測しなければなりません。また壁のどこから測り、どこの寸法を床面積とするのかなども警察署から指定された通りにしなければなりませんので、知識が無いとなかなか作成する事は難しい書類と言えるでしょう。

 

 

「深夜における酒類提供飲食店営業営業開始」届出のお手伝いいたします。

深夜酒類営業の届出は書類の作成が難しい事が多くあります。図面の書き方などはそもそも口頭で人に伝える事は難しいため、警察署の問い合わせてもなかな自分一人では難しいでしょう。そのような場合は当事務所が書類の作成をお手伝いいたします。

 

 

お問合せ・ご相談はこちら

 

 

 飲食店営業許可

深夜における酒類提供飲食店営業を開始するにはその前提として飲食店営業許可を取得する必要があります。深夜酒類営業の許可と併せてサポートさせて頂く事も可能ですので、お問合せください。

 

 飲食店営業許可についてのご案内

 



****************************

練馬相続相談センター(豊島行政書士事務所)

代表行政書士 豊島史久

顔写真(1)加工80×97exifなし.jpg

 ▼お問合せはこちら
03-5912-1703


▲上へ
練馬相続相談センタートップページ