相続とは簡単に言うとどんな事?

相続とは被相続人が死亡した時の相続人への財産の分配です。

亡くなられた方(被相続人)が相続が始まった時点で所有していた財産を、相続人の間で分割することです。相続を行うには「相続人の特定」、「相続財産の特定」などを行う事が必要となります。

→「相続とは」詳しくはこちら

▲このページのトップに戻る