許認可申請代理・書類作成代行・会社設立

豊島行政書士事務所では行政庁への許認可申請の代行、各種書類作成代行、会社設立など、広くお客様のご要望にお応えすべく業務の運営を行っております。

 

行政書士の仕事紹介

外注することのメリット 詳しくはこちら

 

 

建設業許可申請

建設業許可の許可申請には以下のような特徴があります。

◆申請書類が非常に多い。場合によっては数十枚の書類の提出が必要となる。

◆書類の作成や収集に時間が多く必要となる。

◆申請要件が複雑。とくに経営業務管理責任者や専任技術者の実務経験要件は証明が困難な場合がある。

 

このように申請は手間がかかってしまいますが、しかしその反面、許可が得られれば一定以上の受注を行える事とはもちろん、社会的な信用を得ることができ、個人・法人ともに大きなメリットを得られます。豊島行政書士事務所では皆さまのお力になれるよう、建設業許認可についてサポートいたします。

 

建設業許可について知りたい方はこちら

「建設業許可申請」について詳しくはこちら

 

建設業許可についてのお問合せはこちら

お問合せはこちら

 

 

交通違反・事故 意見の聴取とその対策

交通事故はどんなに気を付けていても、起こってしまうときは起きてしまいます。また、交通違反もやむを得ない事情で犯してしまうこともあります。しかし、その事故や違反が積み重なると免許の停止や取消などの処分が下ってしまい、自動車の運転ができなくなってしまいます。

 

この処分は事故や違反の結果ですので多くの場合はそのまま受けなければなりません。しかし、行政庁が決めた処分が重すぎると判断された場合、一定の量だけ処分の内容が軽減されます。そしてその処分の軽減が決められるための大きなイベントが「意見の聴取」です。意見の聴取では違反や事故を起こしたドライバーが自分の意見を述べたり、資料を提出することが可能です。当事務所では意見の聴取に提出する資料の作成等をお手伝いいたします。


お問合せ・ご依頼はこちら

交通違反・事故 意見の聴取とその対策はこちら

【告訴と告発】相談と警察等への手続き

傷害や窃盗などの犯罪行為を受けたとき、また目撃したときなど、捜査や処罰をして欲しい、もしくは必要だと思うこともあるでしょう。


しかし、ただ待っているだけでは警察などの捜査機関は動いてくれません。警察等の捜査機関は全ての犯罪行為を把握しているわけではありませんし、また仮に把握していたとしても、すべての犯罪に対処できるわけではありません。


そのような時、警察などの捜査機関に対して告訴や告発を行い、積極的な捜査の端緒とすることができます。犯罪とされていものの中には告訴・告発をしなければ犯罪として成立しないものもありますので、民間人における犯罪への対処として告訴・告発は重要な意味を持っています。当事務所は告訴・告発について相談、書類作成、捜査機関との調整などのサポートをいたします。 


【告訴と告発】相談と警察等への手続きの詳細はこちら

公正証書の作成

公正証書とは「金銭や土地の貸し借りに関する契約」「公正証書遺言」「任意後見契約」「協議離婚の慰謝料、養育費の支払い」「死因贈与契約」など、文書を作成する際に公証人と言う公務員がお墨付きを与えることにより、いろいろな効果が発生する文書です。

この公正証書を上手く利用する事により、債務不履行による金銭の未払いや遺言のトラブルなどを防止できるなど、より厚い危機管理を行う事ができます。あまり馴染みのない公正証書ですが、事前に作成しておくことにより、いざという時に安心をもたらす事になるかもしれません。

 

→公正証書の作成はこちら

 

離婚協議書の作成

離婚を行う事は人生の中でもとてもストレスがかかる作業です。しかし、このような離婚を一時の感情だけで済ませてしまうのは夫婦の双方にとっても、そして何より子供にとっても不幸な事です。当事務所では離婚の際に夫婦の間で離婚協議書を作成する事をお勧めします。離婚協議書は離婚に至るまでの過程で深く協議を行い、離婚後の双方の義務について文章にて取り決めを行います。協議書の作成によりお互いの生活や子供の将来まで、離婚後もしっかりと責任を約束する事ができるのです。

 

離婚協議書の作成のすすめはこちら

 

飲食店営業許可など

飲食店、喫茶店や食品加工業、食品製造業を行うためには「食品関係営業許可」を取得する必要があります。飲食店等の営業には様々な準備があり、また届出なども「食品関係営業許可」以外にも消防関係や風営関係など手続きをしなくてはならないものがたくさんあります。

当事務所では食品関係営業許可についての保健所との打ち合わせ、書類の作成、提出、実地調査の立ち会いなど、許可の取得に関する様々な手続きをサポート・代行いたします。特に深夜の種類提供を行うお店や風営関連で飲食業許可を必要とする場合は一括して行う事で申請までの時間と手間の短縮のお手伝いをさせて頂きます。

 

 飲食店営業許可のご案内

 

内容証明郵便作成

内容証明郵便は以下の様な特徴をもった郵便です。

◆いつ、どのような内容の手紙を、誰が、誰に差し出したかを郵便局が公的に証明してくれる郵便。

この内容証明郵便を活用する事により相手へ送付した文書の証拠能力が上がり、後々に紛争となった場合に有利となります。また、相手への心理的圧迫を加えることにより、自分の請求の実現がより容易になる効果もあります。

利用範囲も「貸した金銭の返還請求」「クーリングオフ」「慰謝料の請求」など幅広く活用する事ができますので、お悩みを抱えているかたは内容証明郵便の活用をお考えください。

 

内容証明郵便についてはこちら

 

 

深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出

深夜にお酒を提供するお店を開きたい。そのような方は注意が必要です。もしかすると届出なしに営業してしまうと罰則の対象となってしまうかもしれません。

当事務所では深夜に主にお酒を提供するお店(バー、スナックなど)の営業についての届出を支援いたします。

 

深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出はこちら

 

 

 

 

会社設立・会社法務

事業を始めるにあたり法人を設立する場合、必要な書類の作成と手続きが必要です。また、法人を運営して行くにもしっかりとした管理と手続きが必要です。

近頃はコンプライアンス(法令順守)という言葉が注目を集めています。小さな法人であれが法に適さない手段での運営も外部にそれを知られる事の危険性は少ないのかもしれません。しかし、組織の内部でコンプライアンスを最重視する精神が今後の法人の存続を左右する時代です。

当事務所では法人の設立・運営をお手伝いいたします。

 

会社設立・会社法務はこちら

宅地建物取引業免許申請(宅建業免許)

不動産業を行いたい場合は「宅地建物取引業免許」(以下、宅建業免許)を受けなめればなりません。宅建業免許を受けるにはいくつかのステップがあり、また、免許の申請には申請書類及び添付書類が必要です。

それではどの様な人が宅建免許を受ける必要があり、またどのような流れ、手続きとなっているのでしょう。

 

人々に生活の拠り所となる住まいを提供し、またそのお手伝いをする不動産業となるための許可の取得のサポートをいたします。

 

宅地建物取引業免許申請(宅建業免許)

不動産屋となるための宅建業免許申請の注意点

ビザ・帰化などのご相談

日本で暮らす外国人の為のサポートとして当事務所では以下の様な手続きの相談や手続き代行を承っております。

 

・帰化申請のサポート

・永住権取得の申請のサポート

・その他、在留許可についてのサポート

 

ビザ・帰化などのご相談などくわしくはこちら

 

 

▲このページのトップに戻る