「相続・遺言書の講習会」 @豊玉高齢者センター

この日は練馬支部の社会事業部主催の「相続・遺言書の講習会」に参加しました。場所は西武池袋線の練馬駅より徒歩10分ほどの豊玉高齢者センターでした。

 

練馬支部の社会事業部は練馬区内の公共施設の一室をかり月に一度くらいのペースで無料相談会や法律の講習会等を行っています。私はその社会事業部の部員ではないのですが、無料相談を行った際の相談員として参加させて頂いております。

 

私の豊玉高齢者センターでの講習会の参加は今回で2回目。前回もとても大盛況となった講習会ですが、本日も参加者80名以上となり大盛況!大きな会場も満員となり、とても活気のある講習会となっておりました。

私は講習会が終わったあとの無料相談回にて相談員をさせて頂きました。講習会の参加者が80名超えであり、その後も無料相談もとても多くの方のご希望がありましたので、お待ちの方を長時間待たせてはいけないとの事で、迅速な対応をしながらも相談者にご満足を頂くと言事が必要となりました。

 

相談者のひとり目は相続税についてのご相談。親族が亡くなった時の相続税の額を予め計算しておき、対策を取りたいとのご希望。私たち行政書士は税金について詳細に案内する事は難しいのですが(本来は税理士の仕事なので)、私はファイナンシャルプランナーの資格も持っているため、一般的な相続税の話しと言う事でご案内いたしました。

ところで、やはり相続となると皆さま税金がどの位なのかという事はとても気になるところのようです。それはそうですよね。親族が亡くなった事により大きな額の税金がかかってしまえば大変です。相続税は2013年3月時点では「5000万円+1000万円×相続人の数」の控除額がありますので、現時点では相続税がかかる人は多くありません。しかし、税制の改革があればこの控除額が大きく下がると言う話しがあり、しかも遠い未来の事ではないようです。そうなれば練馬区でも土地建物を相続する場合は相続税がかかってくる可能性がぐんと増します。このような事情のなか、やはり多くの方は相続税に大きな関心があるようです。

 

相談者のふたり目は土地の相続の仕方について不安がある方でした。ご家族の事情もあるようで、誰か一人が相続するのか、共有にした方が良いのか、などのご質問。一般的には相続の際に土地を共有にする事はあまりお勧めしません。後の処分に影響しますし、共有にする事は相続手続きの先延ばしであると考えております。しかし、ご家族の事情や希望などにより必要に応じて共有にしなければならない事もあるでしょう。そのような話しをさせて頂き、ご納得いただきました。

 

相続の悩みはひとそれぞれです。税金、不動産等の分割方法、手続きの仕方、そして家族とのトラブル。

相続や遺言書は場合によっては難しい法律問題や面倒な手続き、そして親族のトラブルとなる危険性を孕んでおります。練馬支部では無料相談なども開催しておりますので、お気軽にご参加ください。

 

 

なお、余談ですが、豊玉高齢者センターはとても活気があるように思います。私たちの講習以外にもパソコン関係かと思われる講習も行われていたり、ロビーにはたくさんの方がおられたり。また、スタッフの方も親切です。そして、お年寄りの為には麻雀の卓がたくさん用意されておりました。確かに麻雀は頭も指先も使い、お年寄りにはとてもよいゲームなのかもしれません。麻雀=不健康というイメージは改めなければならないようです(笑)

 

 

お問合せはこちら

 

練馬相続相談センターによる相続・遺言講習会はこちら

 

相続手続きサポートはこちら

 

遺言書作成のサポートはこちら

▲このページのトップに戻る