相続人〜誰が相続人となるのか〜

相続人となれる人は「配偶者」「子供」「親」「兄弟」です。それ以外の人は相続人とはなれません。(それ以外の方が遺産を受け継ぐ場合は「遺贈」「死因贈与」をご参照ください。) また、上記の人が常に相続人となれるわけではありません。相続人の順位は、、、

 

◆常に相続人:配偶者


◆1位:子供(直系卑属)


◆2位:親(直系尊属)


◆3位:兄弟姉妹   です。

 

1位〜3位は一番順位が高い人が相続人となります。亡くなった方に子供(1位)がいれば親(2位)と兄弟姉妹(3位)は順位が下なので相続人にはなれません。また、子供がおらず、親も亡くなっていれば兄弟が一番順位が高いことになるため、兄弟が相続人となります。


上記のように1位〜3位の他に配偶者は常に相続人となります。そのため、配偶者がいれば配偶者と子供が、または親が、または兄弟が、と相続人が決まります。なお、同順位の相続人が複数いればその方々は全てが相続人となります。子供が複数いた場合はすべての子供が相続人となります。親や兄弟の場合も同じです。

 

相続人関係図.jpg

相続人を知りたい〜相続人の様々な事例 

相続人の確定のサポート

戸籍の収集(相続人の確定) 

 

▲このページのトップに戻る